りんごがぼろぼろになった少し食べられるか4巧除果実の視覚疲労の回復野菜を农残

リンゴは智慧、記憶の美称、間違いなく体健康に有益な果物の一つと、多くの人がリンゴを大好きです.でも1匹の微博リンゴは腐っても1時全部捨てて!あなたがリンゴを食べる習慣が転覆する可能性があります.多くの人は便利になって、果物を購入して大量に購入して家に貯蔵して家に貯蔵して、果物は少し腐って、も捨てないで、壊れて、悪い部位を削って食べてもいいです!そんなにリンゴは腐っても1時食べることができますか?専門家によると、リンゴは打撲のなら、そんな林檎に短い時間の内で食べることができます;しかし,視覚疲労の回復、もしカビ腐ったりんご、壊れて小さく見える,完全な部分もあるのでパツリン、カビの発生のパツリンできる果実の拡散に他の部位.このりんごを一つ食べてまたはいくつかの可能性はないに中毒して、しかしこのままでは体によくない、提案のリンゴは食べないでカビが生えた.もし少し小さい斑状、場合によっては多くいくらかの果肉を削って.りんごは皮をむいて皮をむいて皮をむいて皮をむくべきでありませんか?あなたもこの疑問がありますか?専門家は注意して、リンゴは皮をむいて食べて食べます.リンゴの皮には農薬やワックスが可能になって、果皮は少し良いですが、商売人は安上がりによって工業のパラフィン、この果皮を食べないで体に悪いことを食べました.りんごを食べて,皮をむいて食べるように提案します.皆さんに教えを农残4方法:第一発、液体に浸して野菜を買って何分液体に浸す再洗浄.あるいはあなたはソーダ水に浸して野菜を浸して野菜を浸して、このようにすることができる農薬毒性.この方法は簡単で、しかしいくつか質問:1、普通の洗剤を使って野菜果物を洗って、洗剤自身が含んだ化学の成分は野菜の上に殘留して、人体健康に対して不利になります.2、浸す時には野菜の完備性を維持するべきで、農薬の浸透とビタミンの紛失を免れます.第二に、キュウリ、ナスなどの野菜、一般的に農薬が多すぎ、この靑果食材を直接食べて食べてはならない.この方法は簡単で、しかしそれの不利な面もありますが、皮の靑果のほとんどの栄養の成分は果皮の中で、植物化学の成分、ビタミン、ミネラル.これらを気にしないなら、私たちは他の石材で補充することができます.第三招白水で液体に浸して、実際の生活の中で、米のとぎ汁は比較的によくある.私たちはほとんどが主食は米で、生活の中の米をとぐ水をほとんど聞いてはそれを持って花に水をやる施肥し、それで農薬を取り除いて殘る効果も良い"良い方法.米の水は弱いアルカリ性を呈し、農薬成分として、薬効を弱めている.そのため、米を使って水を浸して、野菜を洗い流して、簡単に便利、容易に実施する、効果は著しいです.第四に、調理加熱加熱も農薬を分解することができます.いくつかの耐熱の野菜、たとえばカリフラワー、インゲン、セロリなどをきれいに洗った後に更に熱湯数分、農薬の量が30 %下降して、注意すべきは焯水の過程の中でも野菜の整合性を保つ.再加熱調理は、90 %の農薬をクリアすることができます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です