熱中症後救急の視覚疲労の回復方法

高温熱中症動力層を:高温作業の労働者、夏の野外作業の労働者、夏の旅行者は、家庭での高齢者、長期寝たきりの人、産婦と乳児.ある人は暑気あたり、その救急方法は:1 .直ちに患者を通風,日陰で、乾燥の場所に移して、廊下、木陰の下.あおむけに.病人をさせ、ボタン、脱いだり放し服.服が汗に濡れて、服を交換し、扇風機やエアコンをつけて、早くも放熱して.3 .できるだけ早く冷却体温を冷やす.具体的なやり方に役立つ冷たく濡れタオル冷罨法頭部、脇や鼠径部などで、ぬるま湯またはアルコール拭いて全身;水じゅうごさんじゅう分までひたす.よんしよ.正気を経て温度を下げるの患者または飲むことができて病人服緑豆のスープ、薄い塩水などの暑気を払う.ご.も服用人ダンと藿香正気水.また、重症熱中症患者は、直ちに120電話をかけ、医務医療スタッフ緊急治療をお願いします.$
{ FDPageBreak }熱中症の対策 後自分は他の人との兆しが熱中症と軽症暑気あたりを表現する時、まずするのは撤退しように熱中症の高温環境、なるべく涼しい吹き抜き休みます;そして多く飲むいくつか塩分の清涼飲料.また額の部で、側頭部塗り清涼油、風油精などを服用して、あるいは人丹、水薬の一種、藿香正気水など漢方薬.血圧が下がって、虚脱時直ちに平卧、早めに病院で点滴塩水.重症熱中症者は,視覚疲労の回復、直ちに熱中症者を高温環境から冷暗に移して、病院に送るべきだと同時に、総合的措置をとることで治療を行うこともあるとして、これは病院に行っても.$ { FDPageBreak }    で、子供が熱中症がどのように救急ですか?夏のきわみ、子供は外で遊んでいる顔を赤くして、ぐっしょりの汗は常にある事です.注意深い母は子供を判断することをマスターして、子供を判断しているかどうか.子供が体の中でやけどをして、体温が高くなって、同時にイライラして、頭痛が悪くて、動ずるて、甚だしきに至っては失神して、四肢筋肉がけいれんする時、これは暑気あたりです.体温は42℃以上で全身細胞変性、脳、心、肝臓、腎臓などの重要臓器の機能を受け、その生命を危うくする.そこで、熱中症については早めに発見、早く治療して.もし子供が熱中症の兆しがあったら、すぐに彼は高温の場所から涼しい場所に移してから涼しい場所へ移して、室温は25℃のエアコンの部屋を下回る.そして、子供の服を解け、熱に放熱させ、熱中症の重さに相応する救急処理をして.もし子供がめまい頭痛、喉が渇いて、全身汗疲れの症状が、熱が38℃以上でないと、寒くて湿布を冷やす方法.具体的な方法は:タオルを二重にして氷水または冷たい水に浸します、少し水分を出して,タオルの水をドリップばいいです.子供はベッドに仰臥、タオルを子供の額に置いて、2枚タオルで交互に交換できる.同時に子供に清涼飲料水の飲み物を飲むことができ、大量に汗をかいてから.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です