眼精疲労に効く食べ物

「アントシアニン」という物質を含む食物は目にいい、とされます。
なぜかといいますと、アントシアニンは「ロドプシン」という物質の再合成を促すといわれているからです。
「ロドプシン」は網膜にある紫色の色素(視紅とも呼ばれます)で、この色素は光を感じて脳に伝える役割をしています。
ロドプシンは、オプシンというタンパク質にレチナール分子が結び付いたものですが、光が当たると、その刺激によってレチナール分子が変形してオプシンから離れます。この過程で光刺激が脳に伝わるのです早漏
レチナール分子は、もったいないので元の形に戻して再利用するのですが、アントシアニンはこの再合成過程を促すといわれています。
ただし、ここで重要なのは再利用されるとはいえ「レチナール分子」が減っていくことです。これを補完してくれるのがビタミンAです。ですから、アントシアニンと同時にビタミンAを補給するのが「目に良い」といえるでしょう。
アントシアニンを取るにはこの食べ物
アントシアニンを多く含むのは以下のような食べ物です。紫色の色素ですので、見た目も紫色の食べ物が多いです。
ブルーベリー
ブドウ
ナス
紫イモ
シソ
赤キャベツ
スイカ
黒豆 など
ビタミンAを取るには
ホウレンソウ
ニンジン
レバー
チーズ
ウナギ
アン肝
ホタルイカ
銀ダラ など
ビタミンB群も一緒に取りましょう!
ビタミンB群を摂取することもお勧めです。ビタミンB1は、眼精疲労によって疲れた「視神経の伝達機能」を回復させるのに役立ちます。またビタミンB2、B12は細胞の再生などに役立ち、目の充血を防ぎます。シアリスビタミンB2が不足すると、角膜が炎症を起こしやすいことが知られています。
ビタミンB群を多く含むのはこの食べ物
豆腐
いわし、さばなどの青魚
豚肉
レバー
ウナギ
ノリ など
眼精疲労は現代病などといわれますが、皆さんが「眼精疲労」にならないよう、食生活にも気を付けることをお勧めします。

シアリスが36時間以上を持続することができて、勇猛のシアリスとも呼ばれています。